ap bank dialogue'06 vol.5 at Kyoto Seika University

日時:11月25日(土)
時間:14:00〜16:00 (開場13:00)
※10:00〜整理券を配布します
会場:京都精華大学 明窓館M-201
入場無料/申込不要/先着順
出演:小林 武史 丹下 紘希
ナビゲーター:石川 淳哉

講演要旨

エコロジーの概念を大きく変えた「ap bank」。何の目的を持ち、どのように生まれ、どのように運営し、成長していこうとしているのか?前半では、音楽プロデューサーであり、「ap bank」代表理事も務める小林武史さんに「ap bankについて」の講義をしていただきます。ap bankの設立の経緯から、融資、音楽イベント、“kurkku(クルック プロジェクト)”のことなど、ap bankのこれまでとこれからについてお話しいただきます。後半では、小林武史さんに加え、映像作家の丹下紘希さんにご登場いただき、クリエーションとエコ意識について対談をしていただきます。ここでは、実際にお二人が関わってきた映像作品を紹介しながら、アーティストパワーとは何か、そしてアートと社会の結びつきについて考えていきます。

ap bank 融資審査 ap bank fes’06 エコステーション(ap bank fes’06) エコステーション(ap bank fes’06) エコステーション(ap bank fes’06)

講演風景

講義風景写真
講座風景 講座風景 講座風景 講座風景

プロフィール

ap bank

2003年、小林武史、櫻井和寿の2名に、「Artist’s Power」の発起人でもある坂本龍一氏を加えた3名が自己責任のもとで拠出したお金をもとにして、「可能性ある新しい未来をつくろうとしている環境プロジェクトに融資を行う」という目的で設立されたのがap bank。ap bankは、普通のバンクではありません。自然エネルギー、省エネルギーなど環境に関するさまざまなプロジェクトに融資をする非営利組織です。 ap bankは、大きな事業体ではなく、ふつうに生活する人にできる、「小さな事業」を対象にした融資を中心に考えています。環境を改善していくのにも、各地の特性に合ったいろいろなアイデアがあり、各地の人々の行う小さな試みを支援することで、「自分たちの力で社会を変えていける」と思う人が増えて、新しい未来が生まれていくことを私たちは期待しています。
ap bank  http://www.apbank.jp

ap bank 融資審査 ap bank fes’06 エコステーション(ap bank fes’06) マーシャル・オーシャニック・インスティテュート(ap bank 融資先)
ap bank 融資審査 ap bank fes’06 エコステーション(ap bank fes’06) マーシャル・オーシャニック・
インスティテュート(ap bank 融資先)
KOBAYASHI TakeshiKOBAYASHI Takeshi
音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、サザンオールスターズ、大貫妙子、井上陽水等、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。 1991年OORONG-SHA設立。Mr.Children、My Little Lover、レミオロメン、Salyuのマネジメント、レコーディング及 びライブステージのプロデュースを行う。映画「スワロウテイル」 (1996)、「リリイ・シュシュのすべて」(2001)、「メトロに乗って」(2006)等、映画音楽も多数手がける。2003年には櫻井和寿と中間法人「ap bank」(http://www.apbank.jp)を立ち上げ、環境NPOに対する融資のほか、初の環境野外フェス“ap bank fes”を2005年から2回に渡って成功させる。2005年に環境と消費を考える場として“kurrku project(クルック プロジェクト)”を神宮前に立ち上げた。
TANGE KoukiTANGE Kouki
映像監督。68年岐阜に生まれる。高校卒業後、大野一雄氏に師事。東京造形大学在学中より旅に目覚め、いろんな国を旅しては風に吹かれ吹き飛ぶ。97年には文化庁在外派遣芸術家としてNYに滞在。帰国後Yellow Brainを設立、代表を務める。現在まで数多くのMusic Videoを作り続け、MTV、スペース シャワーTVにてBEST DIRECTOR賞はじめ受賞歴多数。また、近年ではグラフィックのアートディレクションも手掛けている。
Mr. Children / I Love U
Mr. Children / I Love U
Salyu / name
Salyu / name
Mr. Children /  箒星
Mr. Children / 箒星

ナビゲーター

ISHIKAWA JunyaISHIKAWA Junya
2004年度より京都精華大学「広告表現技法I」非常勤講師。広告制作会社ドリームデザインを主催するプロデューサー。クライアントのミッションを正面から受け、広告活動のその先の化学反応、エクスプロージョンを計算できるものとして定評がある。カンヌ国際広告賞金賞、NYADC受賞など受賞歴多数。また、ピースプロジェクト‘retired weapons’ のプロデューサー、このプロジェクトは世界にゆっくりとだが着実に拡がっている。