藤本由香里(評論家)
「少女マンガに見る女の子・未来形」(2001.07.12)

講演要旨
少女マンガはこれまで、もっとも鋭敏なかたちで最先端の女性たちの意識の変化を映し出してきました。 そして、ここ数十年の社会の変化はほとんど、女性の意識の大きな変化と連動して、起こってきています。 それでは今、若い女性たちの意識はどう変わろうとしているのでしょうか。
主に1990年代以降に発表された少女マンガを素材に、まさに最先端の意識の変化を探ります。
プロフィール
藤本由香里(ふじもと ゆかり)
1959年熊本生まれ。東京大学教養学科卒。
筑摩書房で編集者として働くかたわら、コミック・女性・セクシュアリティなどを中心に評論活動を行う。明治学院大学・早稲田大学兼任講師でもある。
著書に『私の居場所はどこにあるの?』(河出書房新社)、最新刊に、マンガ家へのロングインタビュー&コラム集『少女マンガ魂』(白泉社)がある。
>>戻る
 

京都精華大学トップへ 展覧会・イベント情報へ