バイマーヤンジン(チベット人声楽家)
「チベットと日本〜異文化を超えて〜」(1999.10.14)

講演要旨
地球上には様々な民族がおり、それぞれが異なる文化、習慣を持っている。
日本で多くの外国人が生活するようになり、日本人が海外に出かける機会も増えている。 こうしたなかで、異なる文化を認め、尊重しながら、共に生きて行くことが、いま世界における重要な課題となっている。
講演と歌を通じて、チベットの文化を知るとともに、異文化を超えて共生するとはどういうことかを考える。
プロフィール
バイマーヤンジン(バイマーヤンジン)
チベット出身。中国国立四川音楽大学声楽学部で西洋オペラを専攻。卒業後同校専任講師に就任。中国各地でコンサートに出演。
1994年来日後、広島アジア大会を始め、韓国での音楽祭、APEC大阪大会、阪神・淡路大震災救援演奏会、等に参加。また、日本でただ一人のチベット人歌手としてチベットの文化、習慣を紹介するため、積極的に小中高校やいろいろな国際交流イベント、シンポジウムでも講演を行う。
現在は教育を受ける機会が少ないチベットの遊牧民の為、小学校を建てようと講演会、コンサート活動を行っている。
>>戻る
 

京都精華大学トップへ 展覧会・イベント情報へ