岡井隆(京都精華大学人文学部教授)
「世紀末風詩歌談義」(1998.12.18)

講演要旨
プロフィール
岡井隆 (おかい たかし)
本学で「日本詩歌論」などを担当するとともに、歌人としても著名。
1950年代半ば、塚本邦雄、寺山修司らと前衛短歌運動を起こし、歌集『斉唱』『土地よ痛みを負え』で注目を浴びる。
その後『禁忌と好色』で迢空賞('83)、『親和力』で斎藤茂 吉短歌文学賞('90)、『岡井隆コレクション』で現代短歌大賞などを受賞('95)。現代の短歌界を代表する存在とされる。
『NHK歌壇』(NHK教育テレビ)の選者としてもおなじみ。
>>戻る
 

京都精華大学トップへ 展覧会・イベント情報へ