住まいのご案内

本学では在学生の約半数がひとり暮らしをしています。入学予定者のみなさんが安心してひとり暮らしを始められるよう、京都精華大学が提携する「学生情報センター」を通じて、女性専用、男性専用、本学専用などのさまざまな物件を紹介しています。

お部屋探しの手順とポイント

お部屋探しの基礎知識を身につけよう

探したい地域の周辺環境や家賃相場、賃貸借契約に関する基礎知識を知っておきましょう。物件をしぼり込む時の判断基準にもなります。

住みたい物件をリストアップしよう

物件情報を見て、希望の物件をリストアップしましょう。リストアップの際のポイントは下の3つ!
物件は京都精華大学が提携する株式会社学生情報センター(Nasic)京都北大路店により紹介しています。

  • 必要な住居費を決めよう

    毎月支払う「賃料」「共益費」の額は生活費全体のおおよそ1/3が一般的な基準とされています。
    他にも契約時には「礼金」「敷金」、契約更新時には「更新料」などがかかってきます。

  • 住みたいところを考えよう

    学校までのアクセスや近隣の治安、買い物のしやすさ、日当たりなどの環境面と、部屋の広さや間取り、水回り設備などの空間設備面の両方から、どのような物件を探すのか、あらかじめシミュレーションしておきましょう。

  • 自分あったタイプで探そう

    物件のタイプにより、それぞれのメリット・デメリットがあります。自分あったタイプで選びましょう。

    • アパートタイプ

      耐震性、遮音性には乏しいが、家賃は経済的です。

    • マンションタイプ

      耐震性、遮音性、断熱性に優れているが、家賃は高め。
      最近は学生だけが入居できる学生マンションも増えています。

    • 共同下宿タイプ

      風呂・トイレ・台所などを共有するタイプで、家賃は比較的低額です。
      また、借家を何人かでシェアする人もいます。

相談窓口に問い合わせる

希望物件がリストアップできたら、相談窓口に問い合わせてみましょう。
詳細資料と自分の希望条件とを照らしあわせて、実際に下見に行く物件を決めます。

株式会社学生情報センター「下宿・アパート相談係」京都北大路店

フリーダイヤル0120−749−025/TEL:075−494−0749

物件の下見に行く

1日でたくさんの物件を下見するには、タクシーを利用すると便利です。
下見の上で気に入った物件があれば、資料に記載されている「家賃」「設備」「入居日」などについて再度確認しておきます。契約の意思があリ、正式契約までに日数がかかる場合は「手付金」の名目で家賃の0.5〜1ヶ月分を支払うケースがあります。その「手付金」は契約時に契約金の一部として充当されますが、キャンセルすると「解約手付金」として返金されませんので、かならず残金支払日を記載した領収証を受け取り、保管しておいてください。
また、契約の意思がない場合は、その旨をはっきりと大家さんに伝えましょう。

契 約

契約の際に必要となる書類・金額等を家主さんに確認しておきましょう。
(印鑑・印鑑証明書・住民票・保証人同意書・手付金・契約金など)

結果報告

家主さんに案内をしていただき、他の物件に決めた場合は、その旨を家主さんにお伝えしましょう。
株式会社学生情報センターで気に入った物件がなく、周辺不動産会社で紹介物件以外に部屋を決めた場合なども必ず連絡しましょう。併せて、下見に行った物件などの結果および成約の有無も「相談係」まで連絡してください。

ページトップへ