AO入試後期(SEEK入試)ガイド

1. 初めに

この入試で体験するプログラムは、あなたの「京都精華大学で学びたい」という意欲を高めてもらうことを目的としています。あなたの専門的な知識や技能についての学習達成度や成果を確認することを目的とするものではありません。

京都精華大学の学びには、あなたが持っているのにまだ気づいていない可能性を引き出すための仕組みが用意されています。その仕組みのひとつが、すべての学部に対して提供される「全学共通教育科目(SEEK/シーク)」です。

この入試では、あなたの可能性や能力を引き出すための授業「全学共通教育科目(SEEK)」を体験します。そして、今のあなたの興味や関心をもとに、大学での学習計画を立案します。

講義が目の前でビジュアル化される、ビジュアル化された講義メモから自分の気になることばを捜してみる、いろいろな教員と話してあなたの興味や関心を広げてみる、自分の学習計画をたててみる。そのようなプログラムを通して「全学共通教育科目(SEEK)」が、どのようにあなたの世界を広げていくのか、体験してください。

2. 京都精華大学の学びの基本『協奏』を知っておこう

『協奏』とは、好きなことや、ものの考え方、出身地や国籍が違う人が集まり、互いに対等の立場で刺激しあうこと。

それにより思考や世界が広がり、新しい自分がうまれるのを感じること。

つまり、自由になること。

『精華という「協奏」する大学で、これまでの自分をほどき、新しい自分を奏でてください』

~竹宮惠子 学長からのメッセージ~

京都精華大学は「人間尊重」「自由自治」を理念にかかげる、他の大学とは一風変わった教育方針をもつ大学です。別の言い方をすれば、学生を自由にしようとする大学です。みなさんはこれまで、自分にいろんなものを結びつけて自己をつくりあげてきました。それは言いかえれば「個性」であったり、または「望まれるまま型にはまってきた自分」といえます。京都精華大学はその結び目をほどくことができる場所です。ざまざまな教養を学び、学部やコース、専攻を超えて、たくさんの人と「協奏」することで、新しい自分をつむぎあげていく大学です。

若い時代の「協奏」は、とても大切です。わたしがマンガ家としてデビューしたのは17歳でした。そして20代の数年間、同世代の作家たちと共同生活をしながらマンガを描いていました。この時代に得た「作品を通じて互いを深く理解する感覚」、「他者の才能に悔しさを感じつつも刺激を受ける喜び」、「互いに書物や音楽をすすめ合って、たくさん吸収する楽しさ」が、その後のわたしをつくったといえるでしょう。

いくらでも迷ったり失敗していいんです。精華にはいろんな人がいて、いろんな価値観を学べます。「知りたい」「やりたい」を限定せず、学びの垣根を越えて「協奏」してください。あなたが望むなら、大学の教員も施設も喜んで、あなたの成長に力を貸します。京都精華大学で世の中を自由に生き抜く力を育みましょう。みなさんとの出会いを楽しみにしています。

3. 「全学共通教育科目(SEEK/シーク)」とは

京都精華大学の授業科目は、「専門科目」と「全学共通教育科目(SEEK/シーク)」の二つから構成されています。

「専門科目」は「主専攻」とも呼ばれ、専門力を養うために、学部ごとに異なっています。そして、専門力とは、学生が所属する学部で「専門科目」を学ぶことで身につく能力のことです。自分の考えたいこと、表現したいことなどについて、所属する専攻やコースでとことん実践することで獲得していく力です。

「全学共通教育科目(SEEK)」とは、専門力をより豊かなものにするため、教養と社会展開力を身につけるための科目です。「全学教養科目群」と「全学専門科目群」の二つに分けられています。

「全学教養科目群」とは、視野を広げ専門力を活かすベースをつくる科目であり、11のカテゴリーで構成されています。幅広い視野と客観的な思考をみがき、人間の基礎となる部分を築きあげるための科目です。

「全学専門科目群」は「副専攻」とも呼ばれ、専門力を社会で活かす方法を身につける(社会で活かすチャンネルをつくる)ための科目であり、社会展開科目とも言えるもので、8つの分野から構成されています。学部で学ぶ専門とは異なる分野の知にふれ、自身の専門性とシンクロさせることで、学びの幅と可能性を広げることを目的としています。

■「全学教養科目群」の11カテゴリー
セイカ学、語学、ITリテラシー、表現理論、表現技法、自然科学、社会科学、人文科学、人間科学、現地演習、キャリア

■「全学専門科目群:副専攻」の8分野
国際、環境、京都伝統文化、ビジネス、ソーシャルデザイン、福祉、観光、コンテンツマネジメント

4. AO入試後期の目的と概要

すべての学部の在学生は、「全学共通教育科目(SEEK/シーク)」を学びます。AO入試後期は、このSEEKの授業を体験する入試なので「SEEK入試」と称しています。全学部生が学ぶ科目を体験する入試なので、すべての学部の志願者を対象に入試が実施されます。

1)SEEK入試の目的
SEEK入試は、以下の二つを目的としています。

自分のやりたいこと(主専攻)や自分の世界を広げていくためのツールとして、副専攻を知る
副専攻に関連することばを発見したり、副専攻について考えたりすることで、自分の世界が広がるのかな?
協奏することで、自分の学びや自分自身の可能性を広げる体験をする
協奏するってどういうことなのかな?人と話すのが苦手でも協奏できるかな?

2)SEEK入試の流れ

講義を聴く 10:00~10:50
全学共通教育科目(SEEK)についての理解を深めましょう。
「学びと成長プラン」シートを作成するためのワークショップ 11:00~12:30
シートを作成するため、まず「全学専門科目群(副専攻)」の8分野に関するミニ講義を受けます。その後、講義がビジュアル図解された掲示を眺めながら、自分の気になるキーワードを手がかりに副専攻を探していきます。何故そのキーワードが気になったのか、その理由も考えてみましょう。
探し出した副専攻と、主専攻(志願する学部)で学びたいことを掛け合わせるとどうなるのか、教員と一緒に考えながら、シートへ記入してワークショップは終了です。
昼食 12:30~13:30
昼食は大学にて用意します(無料です)。昼食時間は休憩時間ですので、体験プログラム(入試)とは関係ありません。リラックスして食事を楽しんでください。
※食物アレルギー等については、事前にご相談いただくことができます。
面談 13:30~
午後からは、主専攻(志願する学部)の教員との面談となります。午前のプログラムで作成した「学びと成長プラン」シートを用いて、京都精華大学で成長していく自分をイメージしながら、プランを説明してください。

5. 全学専門科目群「副専攻」の8分野を説明することば、キーワード

副専攻の8分野を説明することば、キーワードは以下の通りです。気になることば、キーワードがあれば、チェックしておいてください。

国際 環境 京都伝統文化 ビジネス ソーシャルデザイン 福祉 観光 コンテンツマネジメント
文化と多様性の理解 地球温暖化 京都の暮らし ビジネスの流れ 少子高齢化 人間の尊厳 観光の形態 コンテンツの理解(マンガ、ゲーム、アニメ、音楽、本、映画、テレビ番組)
偏見・差別と人権 オゾン層の破壊 京都の伝統文化と現代 企画書の書き方 貧困と格差 自立と社会参加 京都の観光 コンテンツ(マンガ、音楽等)の企画
戦争と平和 環境とエネルギー 能楽・狂言 企業のイノベーション(新商品の開発、新たな販売方法の導入、新分野への進出等を含む経営革新) ダイバーシティ 障がい者 観光の歴史 コンテンツ(マンガ、音楽等)の宣伝
国家と民主主義 典型7公害(水質汚濁、大気汚染、土壌汚染、悪臭、騒音、振動、地盤沈下) 茶の湯・生け花 ソーシャル・イノベーション(社会問題に対する革新的な解決法) NGO、NPOなどの市民組織 子ども・家庭 観光と経済/ビジネス コンテンツ(マンガ、音楽等)の販売
貧困と格差 廃棄物 西陣織(京都の西陣において製織された高級絹織物)・京友禅(京都の伝統技法で模様を描いた着物) マーケティング(消費者が求めているものを調査し,それに即した商品の企画・開発をはじめ、顧客満足を実現するために企業が行う一連の活動) コミュニティ・仲間 高齢者 自然の観光資源 アニメからキャラクターグッズ
グローバル社会の現在と未来 生活環境・景観 京焼・清水焼(京都の清水坂周辺で焼かれた焼き物)・京漆器(京都で生産される漆器) 統計分析(大量のデータを収集・分析し、データの性質・傾向を客観的に説明する方法) 参加型の問題解決 生活保護 文化的観光資源(史跡、社寺、庭園や伝統年中行事など) クリエーターとプロデューサー
国際ボランティア 自然と生態系(生物群集とそれを取巻く物理的・化学的環境がつくりだす機能的なまとまり) 京扇子・京人形 ファイナンス(企業の資金調達) 居場所、出会う場所 福祉制度・行政 観光と社会 デジタル技術とビジネス
世界の中の日本・京都 開発と保全(保護して安全をまもること) 京仏壇・京仏具 ビジネスアイデアの創出 地域おこし・ビジネスおこし ボランティア 観光のまなざし クール・ジャパン(コンテンツの海外での人気)
日本文化の世界発信 環境問題の解決策 伝統の継承 商品化 ライフスタイル ソーシャルワーカー 観光と法律 文化政策
海外フィールドスタディ(海外留学) 持続可能(システムやプロセスが持続できること)な社会づくり 京都の伝統産業演習 ビジネスモデル構築実践(事業で収益を上げていく仕組み) ソーシャルデザイン(どのような社会を築いていくかという計画)演習 地域福祉演習 ホスピタリティ(思いやり、心からのおもてなし)演習 芸術性と商業性のバランス

6. 当日の持参物

当日は、以下を持参ください。

1)参加票
2)筆記用具(鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム)

ページトップへ