京都精華大学TOP > 大学について > 教育の3つの方針 > ポピュラーカルチャー学部


ポピュラーカルチャー学部 3つの方針

学部の目的(学則第3条の2)

国際的に注目される、ポピュラーカルチャー領域において、多角的な教育研究を行い、豊かな人間性を育む文化表現を通して、次世代の産業界の発展に貢献する資質を備えた、よりよき社会人としての人間形成を行うことを目的とする。

教育目標(目指すべき人材像)全学

京都精華大学は、日本国憲法および教育基本法を貫き、世界人権宣言の背骨をなす「人間尊重」を教育の基本とし、「自由自治」を建学の理念としています。この考えのもと、社会の課題を克服し、全人類が幸福に共生する地球社会を築く人間の形成を目標としています。

教育目標(目指すべき人材像)ポピュラーカルチャー学部

ポピュラーカルチャー学部は、国際的に注目されるポピュラーカルチャー領域において、豊かな人間性を育む文化表現を通して、次世代の産業界の発展に貢献する資質を備えた、よりよき社会人としての人間形成を行います。

ディプロマポリシー(Diploma Policy)

領域1 知識・理解・技能
1
多様性を理解する力
文化の多様性および文化と自然、人間、社会、個人の関係性を理解し、新しい価値を生み出すための知識や技能を身につけている
2
専門知を活用する力
ポピュラーカルチャー分野全般および音楽とファッションに関する知識・技能を体系的に理解し、その分野に固有の視座や思考方法を身につけている
領域2 思考・判断・表現
1
論理的に思考し判断する力
現状を批判的に捉える思考力と、社会の中で公正にふるまう判断力を身につけ、適切な課題設定と課題解決の方向を示すことができる
2
考えを表現する力
ポピュラーカルチャーおよび音楽とファッションの歴史性と拡がりを理解し、ポピュラーカルチャーに関わる社会的意味と主体的感性・思想を表現できる
3
多様な人とコミュニケーションする力
音楽とファッションを巡って、社会的・文化的背景と文脈を理解しながら、多様な人々と公正にコミュニケーションできる
領域3 関心・意欲・態度
1
他者と協働する力
多様な他者とその差異を理解し受け止めながら、様々な場面でともに協働できる
2
社会と他者に貢献する力
ポピュラーカルチャーおよび音楽とファッションに関して獲得した知識・技能を用いて、社会や他者との課題を設定し、解決する姿勢を身につけている

アドミッションポリシー(Admission Policy)

領域1 知識・理解・技能
1
高等学校の教育課程における基礎学力・技能を有している
領域2 思考・判断・表現
1
身近な問題について、知識や情報をもとに筋道を立てて思考できる
2
他者の意見を理解し、自分の考えをわかりやすく表現できる
領域3 関心・意欲・態度
1
新しい領域や多様な人々に対して先入観なく向き合い、生涯にわたって学習を継続する意欲がある
2
学びたい学部・学科の知識や経験を社会で活かしたいという目的意識を持っている

カリキュラムポリシー(Curriculum Policy)

ポピュラーカルチャー学部は、学位授与の方針に掲げる知識・技能などを修得させるために、全学教養科目、全学専門科目、学部専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組み合わせた授業を開講します。また、科目のナンバリングおよびカリキュラム・マップにより、カリキュラムの体系をわかりやすく明示します。

ポピュラーカルチャー学部専門科目の教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

1
教育内容
学部専門科目では、1年次には音楽とファッションに向き合うために必要な基礎能力を身につける基礎実習・基礎演習を開講します。2年次は自分の目指す方向とそのための知識と技能を見極めることができるよう、制作実習・制作演習を開講します。
3年次からは選択した専攻別にプロジェクトを用意し、専門的知識を深め、専門的技能を磨くことのできる応用実習・応用演習を開講します。
最終年次には、卒業制作を課します。学生自身が実現したいプロジェクトを計画段階から作り上げるよう指導することで、表現を創出する力を養います。
2
教育方法
(1)学生の主体性を伸ばすため、能動的学修の視点を取り入れた教育方法を実施します。
(2)授業内・外の学修時間を考慮した授業内容を設計します。
(3)学修ポートフォリオの作成指導により、学生の自律的な学修を支援します。
3
学修成果の評価
ポピュラーカルチャー学部では、学位授与の方針に掲げる能力・資質およびこれらの総合的な活用力の修得状況を、「進級時」「卒業時」の2つのレベルで把握し、評価します。
各レベルの評価の実施方法は、以下のとおりとします。
(1)進級時
進級時の学修成果は、学部所定の教育課程における進級要件達成状況(単位取得、GPA)により、総合的評価を行います。
(2)卒業時
4年間の学修成果は、学部所定の教育課程における卒業要件達成状況(単位取得、GPA)により、総合的評価を行います。卒業制作・卒業論文(必修)は、評価ルーブリックを活用し、複数教員によって多面的評価を行います。

音楽コース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

1. 音楽および音響の知識・技能を活かし、現代社会において必要とされる音楽がどのようなものかを考え、制作することができる。
2. 音楽を演奏・録音・複製・配信・再生する技術の歴史的変遷や社会的意義を理解し、様々なメディアの特性を活かしてミュージシャンとリスナーのあいだを媒介するしくみを提案することができる。
3. 音楽の分野において、現在議論されるべき現象・事象がどのようなものかを分析し、それについて論述することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1. 音楽制作、企画、編集、批評といった様々な分野を横断して学ぶことにより、音楽を俯瞰的に理解できるように実技科目を編成する。
2. ミュージシャン、エンジニア、編集者、研究者など様々な立場の教員が協同して授業を担当することにより、理論と実践をバランス良く学べる科目配置を行う。
3. 現在の音楽産業や業界のシステムにとらわれず、習得した知識と技術を用いて新しい時代の音楽やそれを取り巻く環境を自ら作り出す応用力・展開力の形成を目的とする。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

1. 音楽を通じて、魅力的な社会を作りたいと強く思う人。
2. 音楽に対して幅広い視野を持ち、なぜ自分が音楽に関心を持っているかを明確に伝えることができる人。
3. 現在の音楽を取り巻く環境の問題点を自ら見つけ出し、その解決策を見つけるべく努力することのできる人。

ファッションコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

1. ファッションおよび服飾の知識・技能を活かし、現代社会において必要とされるファッションがどのようなものかを考え、制作することができる。
2. ファッションはそれを伝えるメディアの種類によって異なるイメージが作られるものであることを理解し、雑誌・映像・写真などそれぞれのメディアの特性を活かして表現することができる。
3. ファッションの分野において、現在議論されるべき現象・事象がどのようなものかを分析し、それについて論述することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1. 衣服制作、企画、編集、批評といった様々な分野を横断して学ぶことにより、ファッションを俯瞰的に理解できるように実技科目を編成する。
2. デザイナー、編集者、研究者など様々な立場の教員が協同して授業を担当することにより、理論と実践をバランス良く学べる科目配置を行う。
3. 現在のファッション産業や業界のシステムにとらわれず、習得した知識と技術を用いて新しい時代のファッションやそれを取り巻く環境を自ら作り出す応用力・展開力の形成を目的とする。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

1. ファッションを通じて、魅力的な社会を作りたいと強く思う人。
2. ファッションに対して幅広い視野を持ち、なぜ自分がファッションに関心を持っているのかを明確に伝えることができる人。
3. 現在のファッションを取り巻く環境の問題点を自ら見つけ出し、その解決策を見つけるべく努力することのできる人。
ページトップへ