マンガ学部 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

マンガ学部は、次の条件を満たした学生に学士の学位を授与します。
1)
総合的な表現として、新しいコミュニケーションとして、マンガが占める社会的、国際的な地位とその先端性を深く理解し、マンガ文化のさらなる発展とたゆまぬ革新に取り組む姿勢を身につけていること。
2)
学科・コースにおける体系的学習と学部共通カリキュラムの多面的履修とを通して、多様な課題を発見する知識、表現するスキル、発信する能力を身につけていること。
3)
(主体的な学び)+(カリキュラムの組織的な体系)
「実技」「演習」「講義」での学習や授業外での学修、卒業制作・論文の作成を通して、批判的・論理的思考力、課題探求力、創造力、コミュニケーション能力などを総合する力を身につけていること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

マンガ学部は、次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1)
マンガ学部の学問と技術に関する理解力、思考力、実践力、表現力を養い、技能と感性を開発するために、質量ともに十分な授業を配置し、丁寧かつきめ細かな指導を実施する。
2)
学科・コースごとに専攻分野の専門家として必要不可欠な技術と知識を修得させる科目を設け、学年進行に応じて体系的に配置する。
3)
コミュニケーション力と異文化理解力と情報リテラシーを育成するために、外国語や情報通信技術に関する科目の履修を必修とする。
4)
他分野の技術や学問との融合や産学協同により、マンガの機能を創発する授業を実施する。
5)
専攻分野を超えて、マンガに関する幅広い分野の技能と学智を養い、実践力と応用力を高めるために、デジタル、マンガ技法、キャリア形成、専門理論に関する4つの科目群から構成される学部共通科目を設ける。
6)
大学における学修の集大成として、個性を尊重した指導のもとに卒業制作・論文を課す。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

マンガ学部は、次の条件を満たす人材を入学者として求めます。
1)
マンガ学部の学問や技術を学修するうえで必要となる基礎的な技能、学力、感性を有する人。
2)
マンガやアニメーションに高い関心と探究心を持ち、専門性を支える表現力、構想力、創造力、鑑賞力、教養を高めたいと考える人。
3)
マンガ文化の発展に寄与し、地域社会への貢献、国際社会での活躍を志す人。

学部共通科目のポリシー

1)共通科目のカリキュラムポリシー
マンガの制作に必須な技術を基礎から反復的に修得させる科目を設置する。
マンガやアニメーションの制作に必要な発想力を鍛え、企画力を養う科目を設置する。
基本的なスキルから新生テクノロジーまでを含む、デジタル表現技術を実践的に学ばせる科目を設置する。
大量で複雑な情報を的確に処理し、効果的に伝達する能力を養うICT科目を設置する。
コース・学科における専攻分野を超えて、関心のある科目を幅広く履修し、多角的な視点を養うことを奨励する。
コース・学科を超えた教員および学生間の交流を促し、多様な価値観に触れる機会を提供する。
個々人のニーズを尊重し、自発的な学びの姿勢を育成することで、多様な表現への挑戦と新たな創造を活性化する教育を展開する。
身につけた専攻分野の技術と知識を、卒業後の進路や実社会の要請に応じて統合・活用する上で効果的な指導を行う。
問題解決能力、総合的判断・批判力、幅広い教養を養うために、理論系科目を設置する。
2)共通科目のディプロマポリシー
共通科目の多面的な履修を通して、マンガ表現の多様性とマンガ研究の学際性を理解し、表現の幅と選択肢を広げるための能力を身につける。
コース・学科における専攻分野の学習とコース・学科を横断する共通科目の学習の両立を通して、自分のやりたいこととなりたいものを見つけ、実現するために自らをマネジメントする能力を身につける。
学んだ技術と知識を社会的ニーズに応じて活用する能力と、効果的に伝えるコミュニケーション能力を身につける。

カートゥーンコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

カートゥーンコースは、次の条件を満たした学生に学士の学位を授与します。
1)
風刺画の一形態であり、マンガの源流であるカートゥーンの歴史を理解し、その発展と革新に取り組む姿勢を身につけていること。
2)
社会的現実に対する批判力と、一枚の絵でユーモアとメッセージを表現するのに必要な画力が身につけていること。
3)
幅広いヴィジュアル表現領域に挑戦するスキルと発信力を身につけていること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

カートゥーンコースは、次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1)
さまざまな文化領域における風刺表現と風刺画の歴史に関する授業を配置し、風刺に関する知識と教養を養う。
2)
一枚の絵に深いメッセージと洗練されたユーモアを表現する技能を養うために、基礎的な画力や制作技術を体得させる科目を設け、丁寧かつ細かに指導する。
3)
対象を見る観察力と時代を切り取る感性と発想力を鍛え、コースにおける学修の集大成として卒業制作を課す。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

カートゥーンコースは、次の条件を満たす人材を入学者として求めます。
1)
社会的な問題に関心をもち、風刺技法を学修するうえで必要な洞察力と基礎画力を有する人。
2)
多様化する社会に対して観察力と批判力をもち、表現活動を通した地域社会・国際社会への貢献を志す人。

ストーリーマンガコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

ストーリーマンガコースは、次の条件を満たした学生に学士の学位を授与します。
1)
線画と活字を総合芸術として組み合わせたマンガ表現の歴史と強みを理解し、変化してゆく社会状況の中で新しい表現形式に常に挑戦し、社会に貢献する姿勢を身に付けていること。
2)
マンガの作画・シナリオ技法についての授業を体系的に履修し単位取得することを通じて、絵とストーリーをマンガとしてバランスよく組み合わせる表現力(マンガ言語)を獲得した上で、自ら感性を磨き思考を深めて、作品の効果とテーマを掘り下げる姿勢を身に付けていること。
3)
「実技」「演習」「講義」を履修・単位取得し、豊かで幅広い画力と構想力・知識に基づいて、自らの内面世界を、作品制作を通じて効果的に表現し、社会とコミュニケーションする能力を身に付けていること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

ストーリーマンガコースは、次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1)
マンガ表現の技法・理念に関する理解力、思考力、実践力を養い、技能と感性を開発するために、質量ともに十分な授業を配置し、丁寧かつきめ細かな指導を実施する。
2)
マンガ表現の専門家として必要不可欠な技術と知識を修得させる科目を設け、学年進行に応じて体系的に配置する。
一、二年生においては、「実技」「講義」を通じて、作画・シナリオに関する基礎スキルを教える。ペンワーク・カラーなど多彩な作画技法、生き生きとした人物表現を学ばせるとともに、マンガ実作を通じて自分の表現を修得させる。ネーム指導を通じてマンガの内容を深める力を養う。
三、四年生においては、「演習」における、各学生の個性に応じたきめ細かな指導・ディスカッション、および卒業制作をはじめとする自由制作を通じ、より深い表現力と表現テーマ・手法を発見させ、それに応じた思考力・実地調査や情報収集に関わる実践力(単なる画力にとどまらない「マンガ体力」)を身に付ける。
3)
コースにおける学修の集大成として卒業制作作品の指導を行う。ストーリーマンガ作品制作をストーリー構成から作画まで計画的に行う。これは、個性に応じた技法・マンガ体力の実践といえる。卒業制作本の企画・編集・展示への参加を通じ社会に向けた発信力を養う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

ストーリーマンガコースは、次の条件を満たす人材を入学者として求めます。
1)
ストーリーマンガの多様な表現に接し、自ら創作することを通じマンガをコミュニケーション手段として運用する基礎的な技能・感性を有する人。
2)
ストーリーマンガ表現に対する関心と探求心を持ち、その形式や制作過程を理解し自らの表現を磨こうとする意欲を持った人。ストーリーマンガ制作を通じて幅広い人間事象に関する構成力・観賞力・教養を高めたいと志す人。
3)
ストーリーマンガの総合性(線画と活字の結びつき)の理解に基づき、マンガを通じた社会・文化への貢献を志す人。

マンガプロデュースコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

マンガプロデュースコースは、次の条件を満たした学生に学位を授与します。
1)
伝統的なマンガ文化を継承し、新しいメディアにおいて、高いクオリティと優位性を保ったエンターテイメント・コンテンツとしてマンガをプロデュースする能力を身につけること。
2)
世界に通用するマンガを創作するための教養と常識、マーケットが求めるコンテンツを創作に必要とされるクリエイターとのコミュケーション能力を有し、マンガを多角的な視野で捉える能力を身につけること。
3)
マンガ文化を守り、マンガ産業における利益を追求し、世界が求める新しいマンガ表現を模索することに挑戦し続ける姿勢を身につけること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

マンガプロデュースコースは、次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1)
マンガを生きている文化として捉え、マンガ産業に利益をもたらすコンテンツを創作するためのプロデュース能力を育てるために、取材・原作・編集・デジタルの各部門における基本的な技術を指導し、取得した技術を独自の感性によって開発させるために、質量ともに十分な授業を配置し、プロフェッショナルによる生きた指導を実施する。
2)
取材・原作の授業においては、需用が急増しているマンガ原作の技術と表現力を養うため、情報収集と情報の的確な分析からストーリーの着想を得るための技能、独自のストーリーを展開するための思考方法の指導を実践する。
3)
編集の授業においては、おのおのに、マンガの構成を理解したうえで、マンガコンテンツの可能性を追求し、さらなる向上を目指すための技術の指導を実施する。また、マンガ作品が持つ独自性を重視したうえで、マーケットにおける経済的効果を目指しながら、消費者への心的影響の考慮する倫理的バランスの取れた感覚を養うための指導を実施する。
4)
デジタルの授業においては、紙媒体からWEB媒体へのメディアの変化に対応する柔軟性と発想力を磨くための技能を指導するとともに、本来のマンガ表現が持つ伝統的な優良さを新メディアへどのようにアウトプットするかの現況から未来を見据える視点を養うための指導を実施する。またマーケットを意識したビジュアル感覚を養うためのデザイン的基本技術と、新メディアでマンガを流通させるためのシステムプログラミングの基本技術、ビジュアルとシステムとを繋ぐためのマンガプロデュース技能の指導を実施する。
5)
個人的な才能を磨く原作を除くすべての科目で、マンガコンテンツにおける他者との協調を重視し、それを実践するため、グループ創作を積極的に取り入れた授業を実施する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

マンガプロデュースコースは、次の条件を満たした人材を入学者として求めています。
1)
マンガに対する客観的な視点を持ち、創作活動においてさらなる向上を目指す人。
2)
メディアの変化に関心と興味を持って、新メディアでのマンガの可能性を模索したいと考えている人。
3)
優良なコンテンツを創作するためには、他者との協力が必要であり、その重要性を理解している人。
4)
あらゆるものに興味を持つ好奇心と、それをマンガ表現に対する向上心へと繋げようとする姿勢を持っている人。

ギャグマンガコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

ギャグマンガコースは、次の条件を満たした学生に学士の学位を授与します。
1)
一般常識や流行に流されず独自のスタイルと方法を身につけ、豊かで奥深い発想の土壌を持っている。
2)
アイデアを分かり易く的確に作品として表現し、それをあらゆる方法で社会に提示できる。
3)
面白いとはどういうことか、何が面白いのか、それを常に時代の現実の中で思考、探求し作品に反映する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

ギャグマンガコースは、次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1)
発想のステレオタイプ化を避ける目的で現実に存在するものや現象を重視する。その為の観察力と取材力を鍛える授業を設けて、笑いに関する発想力を養う。
2)
ギャグセンスに必要な選択能力や対応能力を開発し、そのスキルを養う為の授業を配置することで実践的な指導を行う。
3)
独創的で個性的な表現を目指し、その育成の為に画力および制作技術に関してオリジナリティーを重視する指導を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

ギャグマンガコースは、次の条件を満たす人材を入学者として求めます。
1)
豊かな発想力を持ち自分独自の視点、多くの他者とは別の見方が出来る。
2)
既存のマンガの線が描けるということより、新しいヴィジュアルや表現内容を生み出す可能性を持った学生。マンガとしての上手な絵より面白い絵、他とは違う絵を描きたいと望む学生。
3)
マンガに限らず多くの表現に興味を持ち、貧欲に自分の能力に生かそうとする。

キャラクターデザインコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

キャラクターデザインコースでは、以下の技能を習得し、かつ所定の単位を修得した学生に、卒業の資格が与えられます。
1)
魅力あるキャラクターの造形に必要な作画技術を体得していること。
2)
ユニークなキャラクターの創出に必要な発想力を身につけていること。
3)
キャラクターデザインの仕事はチームとして取り組むものであることを理解し、キャラクター造形の技能だけでなく、組織の一員として自身のスキルを発揮できるコミュニケーション能力と情報発信能力を身につけていること。
4)
マンガ・アニメ・ゲームの核となるキャラクターが、国内はもとより世界に通用する日本独自の文化であることを理解し、国内外に対し作品を発表できる力を身につけていること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

キャラクターデザインコースでは、次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1)
作画技術を身につけるための“運動”能力、アイデア創発力と構成力を身につけるための“認知”能力、社会人の一員として前向きに仕事ができる“態度”能力の3つの能力を身につけることを教育の目的として、以下の教育内容を実施する。
2)
キャラクターデザインは受注型ビジネスであることを考慮し、多様な注文にも応えられる幅広い作画技術を身につけるために、デッサン・クロッキー・模写等による基礎画力の向上やアナログ作画技術の習熟、パソコンを使ったデジタル作画技術を体得する科目を設け、丁寧な指導を実施する。
3)
キャラクター造形には、画力以外に奇抜でユニークなアイデアも求められることから、情報を検索・収集・整理・編集する能力や複数の情報を組み合わせてアイデアを創発する発想技術を獲得させるための科目を設け、細やかに指導する。
4)
キャラクターデザイン業務の大半が、会社などの組織で受注するものであることを考慮し、チームやグループでの対話・討論・発表等のコミュニケーション技術に習熟させる訓練を行う。
5)
創作したキャラクターを国内外に向けて発信する力をつけるため、ICTを応用したポートフォリオ等による作品発表技術を習得させる課題を課す。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

キャラクターデザインコースでは、以下のような学生を求めます。
1)
何よりも絵を描くことが好きで、独創性の高いキャラクターを生みだすのに必要な基礎画力を有する人。
2)
自らが創造したキャラクターを世界に向けて発信しようとする強い目的意識を持つ人。
3)
多人数のチームによる共同作業で造形物を創作することに歓びを見出せる人。
4)
何ごとにも興味を示す強い好奇心を持ち、あらゆることに目配りをする幅広い観察力を持つ人。

アニメーションコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

アニメーションに関わる知識・技術力を身につけていること。
既成の概念にとらわれない自由な発想力と、イメージを映像化できる構成力と表現力を身につけていること。
社会人としての責任感やコミュニケーション能力を身につけ、他者と協力してものごとに取り組むことができること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

美術、音楽、動き、演出といった様々な要素が複合的に関連する総合芸術としてアニメーションをとらえ、作画、デジタル、音響、理論に関する科目を設置する事により、アニメーションに関する幅広い知識と技術、思考力を開発する。
アニメーション表現を支える基盤である「動き」を、様々な角度から考察、研究、表現する力を養う事を目的とした授業を配置する。
実技系科目において、基礎技術の獲得を重視するのはもちろん、新たな表現手法に対する探究心を喚起し、新しい価値を創造する力を養う事を目的とした指導を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

対象を正確に把握し的確に描画できる、基礎的なデッサン力を有する人。
何事にも好奇心を持ち、ものづくりで集中力を持てる人。
アニメーションや映画、マンガが好きで、創作してみたいと思う人。
アニメーション表現を使って、世界へ発信したい人。
ページトップへ