京都精華大学45周年記念事業

ダライ・ラマ14世講演会

世界を自由にするための方法 / His Holiness the 14th  Dalai Lama

講演会開催の目的

講演会開催の目的

本学は今年で創立45周年を迎えます。そこで、記念事業のひとつとして、ダライ・ラマ14世をお迎えし、講演会を開催いたします。
京都精華大学は「人間尊重」を基盤とし、「自由自治」の理念に基づく全く新しい大学を目指して1968年に開学しました。以来、新しい人類史の展開に対して責任を負い、世界に尽力する人材の育成を行うという使命のもと、教学内容である芸術・文化を通して様々な活動を行ってきました。
より良い社会とは、自由とは何か、生きるとは何か。京都精華大学はこれから先の未来に対しても、人間の根源的な課題について深く問い、その問題解決に対して芸術・文化が果たす意義を世界に投げかける大学であり続けたいと考えています。そこで、本学の理念とも共通する「人間尊重」を活動の根幹とし、非暴力による問題解決に取り組んでこられたダライ・ラマ14世をお迎えし、今日の世界に向けてメッセージを発信する機会とします。

 
 

世界を自由にするための方法 学生との対話 ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ14世のプロフィールはコチラ

ダライ・ラマ14世

チベット仏教の最高指導者。人々を救済する観音菩薩の化身と信じられる“ダライ・ラマ”13世の転生として認められ、5歳で14世として正式に即位。中国の弾圧とチベット民衆の一斉蜂起により、インドに亡命。インド北部ダラムサラにチベット亡命政府を樹立、2011年に政治的トップを引退した後も精力的に各国を訪問し、世界平和に向けた活動を行っています。
対話を重視した非暴力による問題解決の取り組みにより、1989年にノーベル平和賞を受賞。ヨーゼフ・ボイスや多数の科学者など専門領域が異なる人々とも積極的に対話を行っています。
ダライ・ラマ14世の半生はハリウッドでも繰り返し映画化され、海外ではブラッド・ピット、リチャード・ギア、U2、ビョーク、レディオヘッドなど、日本では坂本龍一、谷川俊太郎、曽我部恵一などといった数多くの表現者が支援の立場を表明しており、国や宗教、領域を超えて世界的に尊崇を集める存在です。

ダライ・ラマ14世と「表現」を学ぶ学生との対話を通して、芸術や文化が、自分や他者を取り巻く「世界」を自由にするためにどのような可能性を持つのかを探る場とします。
日程
2013.11.23(土)
時間
13:30〜15:30
講演者
ダライ・ラマ14世
形式
単独講演後、本学学生と対話
※日本語─英語・チベット語の逐次通訳が入ります
会場
京都精華大学体育館 ▶京都精華大学へのアクセス
参加対象者
在学生、在学生保護者、卒業生、教職員、高校生
定員
1,600名
入場料
無料

※講演会は終了いたしました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

世界を自由にするための方法 宗教家と芸術家の視点から ダライ・ラマ14世×よしもとばなな

よしもとばななのプロフィールはコチラ

よしもとばなな

よしもとばなな

1964年、東京生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年小説「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で第39回芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で第2回山本周五郎賞、95年『アムリタ』で第5回紫式部賞、2000年『不倫と南米』で第10回ドゥマゴ文学賞(安野光雅・選)を受賞。著作は30か国以上で翻訳出版されており、イタリアで、93年スカンノ賞、96年フェンディッシメ文学賞<Under35>、99年マスケラダルジェント賞、2011年カプリ賞を受賞しています。近著に『どんぐり姉妹』『ジュージュー』『スウィート・ヒアアフター』『人生の旅をゆく2』『さきちゃんたちの夜』。

本学の共学内容である芸術、文化が人間社会に与える影響や可能性を探る場とします。ゲストとして、世界的にも高く評価されている作家のよしもとばなな氏を迎え、よしもと氏は表現者の観点から、ダライ・ラマ14世は宗教家としての立場から、人間、生と表現の可能性などについてお話いただく予定です。
日程
2013.11.24(日)
時間
13:30〜15:30
講演者
ダライ・ラマ14世、よしもとばなな氏
司会進行
レベッカ・ジェニスン
(本学人文学部教員)
形式
よしもとばなな氏、ダライ・ラマ14世が各々講演後、対談
※日本語─英語の逐次通訳が入ります
会場
国立京都国際会館 大会議場 ▶国立京都国際会館へのアクセス
参加対象者
一般、在学生、在学生保護者、卒業生、教職員
定員
1,800名
入場料
無料

※講演会は終了いたしました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

チベットの教育に関する募金のお願い

今回の講演会開催の趣旨にご賛同いただけます方には、チベット難民を対象とする教育サポートのための募金にご協力をお願いいたします。いただいた募金は、チベット亡命政府文部省にお送りし、新たな学校の建設費用や教師の養成、教育資金として活用させていただきます。

募金は以下の銀行口座にお振り込みください。

  • 銀行名:みずほ銀行
  • 支店名:京都中央支店
  • 口座番号:普通2319331
  • 口座名:学校法人京都精華大学

振込期限:2013年12月13日(金)

お問い合わせ先
  • 京都精華大学 企画室内 45周年記念事業事務局
  • 〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
  • TEL:075-702-5201 FAX:075-702-5391
  • E-mail:freedom@kyoto-seika.ac.jp
  • 主催:京都精華大学
  • 協力:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
  • 協賛:エムケイ観光バス株式会社
       有限会社プリグラフィックス、株式会社シーズ
       2014「手塚治虫のブッダ2」製作委員会
       グランドプリンスホテル京都、株式会社すやきち、
       MATAHARI
  • 後援:京都精華大学教育後援会
       京都精華大学同窓会木野会

京都精華大学

Copyright © Kyoto Seika University. All rights reserved.